整理収納アドバイザー

シーン別整理収納術

受講お申込み

今すぐ使える整理収納術!

様々な場所やシーンで、整理収納術は効果をもたらします。
ここでは、暮らしの中で整理収納術が使える具体例をご紹介します。

シーン1:キッチン

Before雑然としたシンク下の収納。ごちゃごちゃして使いづらい。。

ビフォー(キッチン)

何かと物を詰め込みがちなのが、キッチンのシンク下の収納。使いたい時に使いたい物が取り出しにくい状態に。


グループ分け(キッチン)

広めのスペースを確保し、中に入っている物を全て取り出し並べていきます。
ここで、必要なのか不必要なのか一つひとつ選別をし、よく使う物、たまに使う物など使用頻度でグループ分けをします。


収納スペースの計測→設置(キッチン)

空になった収納スペースを計測し、最適な収納グッズを用意します。

準備した収納グッズを設置し、奥からあまり使わない物、手前にはよく使う物となるように整理収納していきます。

After見た目もすっきり! 機能的!

アフター(キッチン)

1日に何度も出入りする場所なので、効率的に動けるように使用頻度に合わせて配置
使いたい時に使いたい物がさっと取り出せるようになりました。
手前の物を取り出しやすく収納することで、奥の物も簡単に取り出せるようになりました。

グループ分けのコツ

毎日使っていくうちに、知らず知らずに増えていく物。よく使う物か、たまに使う物か、ほとんど使わない物かを判断します。
さらに、ほとんど使わない物の中で、1年以上使っていない物はどれか、代用できる物はないかを考えると、必要・不必要の選別がしやすくなります。


シーン2:納戸

Before扉から物があふれそうな納戸

ビフォー(納戸)

家の中でも、特にたくさんの物が収納されているのが納戸。
奥の方は、もはや取り出せない!?


計測(納戸)

まずは納戸内の広さを大まかに計測。
ここではまだ物があふれていて細かな計測ができないので、中身を出した後、もう一度計測します。


中身を取り出し(納戸)

十分なスペースを確保し、納戸の中身を全て取り出します。
出してみると、使わないまま劣化した物やどこにしまったのかを忘れていた物など、予想以上の量が出てきます。


再び計測(納戸)

何もなくなった状態で、棚の高さや奥行き等、スペース全体を再び計測し、納戸を機能的に活用できるように最適な収納グッズを用意します。


グループ分け(納戸)

必要か不必要かを判断し、持ち主別や季節別(サンダルとブーツなど)、よく使う物とそうでない物等にグループ分けします。


収納(納戸)

使いやすさを考えながら、よく使う物が使いやすい場所にあるように収納をしていきます。

使いやすい場所が決まったら、その場所を定位置にするためにラベルを貼っていきます。
靴箱等には、入っている靴の写真を貼って一目で中身がわかるようにします。

After見違えるようにスッキリ!

アフター(納戸)

機能的で、毎日使う物などが非常に取り出しやすい位置に配置されました!
また、ラベルを貼ることで定位置に整理収納された状態が維持されやすくなりました。

定位置を決めるのがポイント!

あまり使わない物は上段に。
よく使う物は中段に。
重い物、大きな物は下段に配置して、よく使う物がいつも取り出しやすい位置にあるようにそれぞれの定位置を決めましょう。

毎日キレイ! を実現するリーダー!

整理収納アドバイザーのお仕事は、「依頼主の部屋を整理して完了!」ではありません。

依頼主が自分で整理収納ができるように導くリーダーであり、整理収納によって人が心地よく生活できる空間づくりのサポーターでもあります。

  • 整理収納アドバイザーとして業務を行うには、整理収納アドバイザー1級の資格が必要です。

思い立った今が始めどき!4ヵ月で整理収納スキルが楽しく身につく!

受講お申込み