宅地建物取引士(宅建士)

法律を一から学ぶ人に!

資料請求(無料)

宅建なら、法律を基礎から学習できる!

法律を学びたい、あるいは法律系の資格を取りたいなら宅建はおすすめ! 宅建では、法律のなかでもとっつきやすい「民法」を学んでいきます。民法とは、財産についてのルールや家族についてのルールなど、生活に密接に結びついた法律。民法の知識があれば、日々の暮らしでも役立ちます。

何か資格を…と思ったらまずは宅建!

宅建は、その取りやすさから、初めて学ぶ人にピッタリな「資格の登竜門」です。宅建試験の学習で身につけた法律知識は他資格の取得の際に役立つ上に、宅地建物取引士の仕事は他資格の業務とも関連するため、取得後の仕事の幅も拡がります。

ダブル資格で、さらにステップアップ!

宅建の知識は、他の法律系資格と内容が重なることが多いので、宅建を取ってしまえば他の資格を取得する際の学習がスムーズに進みやすいと言えます。ここでは、宅建と組み合わせて取得するといいオススメ資格をご紹介! 資格を2つ以上組み合わせることで、さらなるキャリアアップも期待できます。

宅建は、不動産系資格の登竜門。ほかの不動産系資格を合わせて取得すると、業務に役立てやすくなります。また、宅建と重複する出題項目が多いので学習上のメリットも! 具体的には、マンション管理士・管理業務主任者などがおすすめです。さらに、難関資格である司法書士不動産鑑定士を目指すにしても、まず宅建を取得しておくとムリなくステップアップできます。また、不動産に関する知識が不可欠なFP(ファイナンシャルプランナー)も宅建と学習内容が重なる部分が多く、両方の資格を取得する方は多くいらっしゃいます。


宅建は、法律系資格一般の登竜門とも言われます。宅建を学習することで身につく判断力は、他の法律系資格取得にも役立ちます。その上、宅建で学習する民法は、様々な資格でも出題されるので効率よく合格を目指せます。 具体的には、行政書士社会保険労務士(社労士)などがおすすめ!

当講座なら、法律を初めて学ぶ人でも安心です!

ユーキャンの宅建受講生の74%は、今まで宅建を学習したことのない宅建初学者です。当講座のテキストは、法律知識が全くない方がムリなく合格レベルまで達することができるよう、「これだけ押さえれば大丈夫」という知識に絞っています。初心者の方や、お忙しい方でも効率よく資格取得に必要な知識を身につけられます!
※このデータは、平成27年内に当講座の受講を開始した方々へのアンケートに回答された方の数値です。

カリキュラムを見たい方は資料請求(無料)!

資料請求(無料)

コンシェルジュに質問する