介護福祉士(実務者研修付きコース)

介護福祉士とは

資料請求(無料)

いま、ますます求められている存在。

現場で働く、介護のリーダー的存在。

介護福祉士は、お年寄りや身体の不自由な方の介護をする専門職。食事や入浴、車いすでの移動補助などの身体介護や、利用者への相談・助言などを行います。介護サービスの中心となる、重要な存在です。

介護福祉士のおもなお仕事

介護福祉士は、おもに3つの領域について介護業務を行っています。
このほかにも、ヘルパーの指導介護計画作成なども行います。

身体介護 相談・助言 生活支援

介護ヘルパーの指導をすることも。

家族の介護をする方や介護現場で働くヘルパーさんに指導や助言をするのも、介護福祉士のお仕事。自分の持つ介護の専門知識や技術を伝え、実際に介護を行う仲間の負担を減らす。現場のリーダー的存在です。

働く場所は、あらゆる福祉の現場。

介護福祉士が活躍するのは、さまざまな福祉の現場です。お年寄りや体の不自由な方のための社会福祉施設や、自宅で介護サービスを提供する訪問介護など。また、有料老人ホームなどでも介護福祉士は求められています。

介護福祉士の働く場って?

在宅、または施設に大きく分けられ、さらに業態や制度に応じて各種施設が設けられています。
介護に関する専門知識や経験のある介護福祉士は、求人も多く、働く場所もさまざまです。

次のページ:資格のメリット