介護事務

他の福祉系資格との違い

受講お申込み

「介護事務」、「介護福祉士」、「ケアマネジャー」。
どれも介護業界に欠かすことのできない仕事ですが、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。
介護事務を他の二つの福祉系資格と比べた場合の違いを分かりやすくご紹介します!

活躍する場所が違う!

介護福祉士は実際に現場で利用者さんに介護サービスを提供するのに対し、介護事務やケアマネジャーは、介護事業所などで基本的にデスクワークを行います。
“実際に現場で利用者さんを介護するのか否か”が大きく異なります。

介護事務とケアマネジャーはデスクワークで介護事業を支え、介護福祉士は現場で実際に介護を行います。

デスクワークだから年齢に左右されない!

年齢を重ねても働きたいと思うと、力仕事や長時間のハードな仕事は難しくなってきます。
その点でも介護事務の仕事は座って行うデスクワークが中心なので安心!
将来、体力的な負担を減らしたい介護福祉士やヘルパーの方にもおすすめです。

介護サービスの中で担う役割が違う!

介護事務は、請求業務や事務作業など、介護サービスに必要不可欠なデスクワークを担当します。いわば縁の下の力持ち!

ケアマネジャーはケアプランの作成を、介護福祉士はケアプランに沿った介護サービスの提供を、そして介護事務は介護サービスに応じた「請求業務」を担当します。

必要な実務経験が違う!

福祉系資格には受験資格として、実務経験が必要とされるものが多いですが、「介護事務管理士(R)」は受験資格が不要です! 介護についてまったくの未経験の方でも挑戦できます。

介護事務は実務経験不要、介護福祉士は実務経験3年以上、ケアマネジャーは実務経験5年または10年以上が必要とされます。

ステップアップ資格の第一歩として!

受験資格が不要で、デスクワークから介護業界に関われる「介護事務管理士(R)」は介護・福祉の業界で働くための手始めの資格としてピッタリです!

介護事務は自宅で資格が取れる!

ユーキャンの受講生なら、受講期間(12ヵ月)内に実施される「介護事務管理士(R)技能認定試験」を自宅で受験できます!
慣れ親しんだテキストを見ながら、ゆっくり解答できるから、安心して取り組めます。

介護事務はどんな人に向いていますか?

介護事務は福祉系資格の中でも難易度が低く、学習範囲も限られています。
さらにユーキャンなら、わずか4ヵ月の短期速修! 手軽に役立つスキルを身につけたい方におすすめです。

4ヵ月後には即戦力に!ずっと役立つスキルがあなたのものに!

受講お申込み

ユーキャン自慢の教材をまずはお試しください!教材到着後でも返品OK!

※ご返品は、送料のみご負担のうえ、教材到着後8日以内にお願いします。返品の詳細
コンシェルジュに質問する