過去問を制す者が試験を制す!

鉄則その1

資格のプロからの一言

マンション管理士試験は「過去問で問われた知識で解ける問題」と「新しい問題」の比率が8:2ぐらいです。過去問をきちんと勉強すれば、合格点をとることができます。試験までに必ず過去問を繰り返し解いておきましょう。

合格者アンケート

過去問を直近何年分、何回やったか?

合格者は、過去問について、少なくとも過去3年分を繰り返し解いている方が多い。

週20時間の勉強を目標に!

鉄則その2

資格のプロからの一言

勉強時間を確保するのは難しいですよね。ただ、合格者は、総勉強時間として250時間から500時間程度を確保しています。つまり、週10~20時間ほどの勉強時間を確保すれば、半年ほどで合格できる実力を身に付けることができるということです。平日は各2時間、土日は各5時間ぐらいの学習を目標にしてみましょう。

合格者アンケート

総勉強時間は?

合格者の総勉強時間は、250-500時間が最大。(「週10~20時間×半年」程度)

管理業務主任者試験の学習を同時にすると一石二鳥!

鉄則その3

資格のプロからの一言

管理業務主任者試験は、試験範囲がマンション管理士試験とほぼ同じで、比較的合格率が高い試験です。管理業務主任者試験の過去問も学習すれば、より磐石な試験対策ができるだけでなく、管理業務主任者試験の合格も狙えます。

合格者アンケート

マンション管理士・管理業務主任者のどちらに合格したか?

約4割の合格者が、マンション管理士・管理業務主任者の両方に合格している。

メリハリをつけた学習を!

鉄則その4

資格のプロからの一言

短期間で合格するためには、無駄のない効率的な勉強をすることが大切です。「区分所有法等」「民法等・管理組合の運営」については、比較的出題数も多く、得点しやすい問題が出題される傾向にあるので、1点でも多く正解できるよう、学習時間を十分に確保しましょう。

合格者アンケート

どの分野に時間を費やしたか?

合格者は、「区分所有法等」、「民法等・管理組合の運営」に多く時間を費やしている

試験直前は、分野を絞って知識を詰め込むべし!

鉄則その5

資格のプロからの一言

「建築基準法等・建築設備」と「マンション管理適正化法」の分野については、覚えるべきことをきちんと覚えれば、得点アップにつながります。用語の定義や数字は直前期でかまいませんので、しっかりと暗記しましょう。

合格者アンケート

試験直前で暗記する分野は?

合格者が、試験直前にポイントを暗記するのは、「建築基準法等・建築設備」と「マンション管理適正化法」の2科目。

5カ条まとめ

  • 1.過去問を制す者が試験を制す!
  • 2.週20時間の勉強を目標に!
  • 3.管理業務主任者試験の学習を同時にすると一石二鳥!
  • 4.メリハリをつけた学習を!
  • 5.試験直前は、分野を絞って知識を詰め込むべし!

◆アンケート概要

調査対象:株式会社マクロミルのモニタに登録いただいている「マンション管理士試験」に合格した226名、および株式会社ユーキャンの通信講座を受講して、「マンション管理士試験」に合格した100名を合算した、計326名。実施期間:2015年12月28日~2016年1月13日。実施方法:インターネット調査