ケアマネージャー

受験資格について詳しく

ケアマネジャー試験には、厳密な受験資格があります。

ケアマネジャー試験は、一定期間の実務経験がある人でないと受験できません。

国家資格等について

「受験資格」の対象となるのは、以下の資格です。

  • 医師、歯科医師
  • 介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士
  • 薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、視能訓練士、歯科衛生士、言語聴覚士、栄養士(管理栄養士を含む)、義肢装具士、あんまマッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師

上記国家資格等を保有していない方でも「相談援助または介護業務に従事している方」で、一定の実務経験をお持ちであれば、ケアマネジャー試験を受験できます。詳細については、必ず、以下をご確認ください。

実務経験について

ケアマネジャー試験を受験するのに必要な「実務経験」は、業務内容とその従事期間および従事日数の組み合わせによります。
実務経験はその職種により異なりますが、5年以上(かつ900日以上従事、国家資格の場合は登録日起算)または10年以上(かつ1,800日以上従事)が必要となります。

ケアマネジャー試験は、受験申込時に送付した書類による審査を通過しなければ受験ができません。また、ケアマネジャーになるには試験合格後に各都道府県で実施される実務研修課程を修了し、登録ののち、介護支援専門員証の交付を受けることが必要です。

カリキュラムを見たい方は、資料請求(無料)!

資料請求(無料)

コンシェルジュに質問する