ケアマネジャー

ケアマネジャーとは

ケアマネジャーは、介護保険制度の中核を担う資格です

ケアマネジャーは、介護を必要とする人と、福祉・医療・保健のサービスとを結ぶ「架け橋」となる重要な役割を担っています。
介護を必要とする方に最適なケアプランを立て、サービスの調整を行い、きちんとサービスが実行されているか、あるいは効果が出ているかのチェック(モニタリング)を行なうのがケアマネジャーの仕事です。

介護・福祉・保健分野の就・転職や再就職に有利です

ケアマネジャーの資格は社会的ニーズが高く、取得すれば就職・転職や、結婚・出産後の再就職も有利になります。
また、介護福祉士やヘルパーからケアマネジャーへとキャリアアップすると、仕事の幅が大きく広がります!

ケアマネジャーが活躍する場所は、幅広い!

超高齢社会の今、介護保険制度のスムーズな運用のために重要な役割を担うケアマネジャーが、さまざまな場所で必要とされています
介護分野に参入する企業も多く、有能なケアマネジャーには大きな期待が寄せられています!

ケアマネジャーが活躍できる場所は、多岐にわたります。

試験には受験資格があるって、本当ですか?

はい、ケアマネジャー試験には厳格な受験資格があります。受験資格を満たしていない場合には、受験することはできません。

実務経験が足りない場合は…?

受験資格がない、でも、福祉や介護にまつわる資格を目指したい!という方には、初めてでもムリなく学べて受験制限もない
介護事務」や「准サービス介助士」、「福祉住環境コーディネーター」などがオススメです。
また、3年以上の実務経験をお持ちの方には「介護福祉士」もオススメです!

試験は選択式!論文試験や実技試験はありません!

ケアマネジャー試験は、論文試験や実技試験がない5肢択複式で、ほとんどの都道府県でマークシート方式が採用されています。受験資格さえクリアしていれば、チャレンジしやすい試験と言えるでしょう。
これまでの経験を活かし、キャリアアップを果たされている方も多くいらっしゃいます。ご自分の可能性を広げる第一歩を踏み出してみませんか?

カリキュラムを見たい方は、資料請求(無料)!

資料請求(無料)

コンシェルジュに質問する